9月22日(火)午前
サンフランシスコ(3)


          
昨日は夜遅くまでサンフランシスコの街を見て回ったが、何か今一つ物足りない気がした。そこで昨夜いろいろと考えて、今日の予定としてまずアルカトラズ島へ行くこととした。しかしそのあとヨセミテまでの長距離ドライブが控えているのであまりゆっくりはしていられない。始発の連絡船に乗って1時間ほど見れば午前中には戻ってこれるだろう。そしてそのためには少し早起きする必要がある、と云うことになった。  
   
夜明けのオークランド
ホテルの部屋から見た朝6時43分の景色
いつもより早く起きだし旅立ちの支度をする。今日は昨日よりも天気が良さそうだ。

【マリオット オークランドシティセンター】
午前7時半ごろ2日間お世話になったホテルを出発する。ここも長男のルームメイトが用意してくれたホテルで、ロサンジェルスよりも立派なところだった。

【カープール】
昨日と同じくサンフランシスコ・オークランドベイブリッジを渡っていくのだが、時間も早いこともあってかなりの渋滞だった。それに対して端のカープールレーンはがら空き状態。これ幸いと、渋滞するレーンを横目に見てスイスイと橋を渡る。

【サンフランシスコ・オークランドベイブリッジ】
 今日は大回りをせず、サンフランシスコに渡るとすぐにフリーウェイを出る。
天気がよいしまだ8時なので、まず昨日見ることが出来なかったゴールデンゲート橋まで行くことにした。
サンフランシスコ・オークランドベイブリッジを眺めながら海岸沿いの道を走って行く。

【早朝のフィッシャーマンズワーフ】
まだ朝の8時すぎなので人影は少ない。

【ゴールデンゲート橋】
F-101に入ってゴールデンゲート橋に近づくと、まわりはまたまた霧に覆われてきてフォートポイント付近は昨日と同じ状態だった。残念に思いながらとりあえず車を止めようとしたところ、フォートポイントの駐車場へ入るところを見過ごして橋を渡る羽目になってしまった。ところが、料金を払って橋に入ったとたんに急に霧が晴れてきて写真のように青空が現れて橋の全容も見えてきた。

【ビスタポイントからのゴールデンゲート橋】
 橋を渡った対岸にはビスタポイントという展望台があった。そこで車を止めて見たゴールデンゲート橋です。
霧は右手の山を越えてサンフランシスコ湾に流れ込んでいる。
この様子だとフォートポイントからは昨日と同じように全く橋は見えていないと思われる。
フォートポイントに入り損なった時はしまったと思ったが、何が幸いするかわからない。

【ゴールデンゲート橋】
 ゴールデンゲート橋は、サンフランシスコ・オークランドベイブリッジが完成した翌年の
1937年に完成した、中央径間長1280mの吊橋です。
これは1964年にニューヨークに1298mのヴェラザノナロウズ橋が完成するまでは世界最長でした。
余談ですが、
このヴェラザノとは16世紀のイタリアはトスカーナ地方出身の
ヴェラッツアーノと云う人の名前によるものだそうです。

【ダウンタウン方面】
 サンフランシスコの市街地も霧に遮られて見えない。
僅かにトランスアメリカ・ピラミッドの先端が見えている。

【塔にタッチ】
せっかくなので記念に塔に触れてみました。

【記念写真】
記念写真を撮りました。

【オークランド方面】
オークランド方面も霧に遮られています

【再びゴールデンゲート橋を渡る】
20分ほど希有な(?)景色を眺めてから再びゴールデンゲート橋を渡ってサンフランシスコに戻る。

【シティホール】
 ゴールデンゲート橋を眺めるのに予定以上の時間がかかったため、というよりも
アルカトラズ島へ行くのが面倒になってきたため、予定を変えてサンフランシスコ市街をもう少し見て回ることにした。
まずはロンバード通りの”くねくね坂道”を目指す。写真はフルトン通りから見たシティホール。
何せ見知らぬ街のこととて、なかなか最短距離で目的地に行けない。
このあとリーベンワース通りを北上して9時半頃にロンバード通りに辿り着きました。

【ロンバード通りの”くねくね坂道”】
 正式名が分かりませんので”くねくね坂道”と呼びます。
坂が急なためつづら折りに道がつけられています。花も植えられていて絵になる所です。
手入れは近くの住民がしているのだろうか。

【くねくね坂道】
このような坂道です。ちょうど車が下ってきましたが、見ているとなかなかユーモラスです。

【坂道を上る】
道の両側には階段があります。上のハイド通りまで登ってみました。

【坂道の上からの眺め】
 坂道の上から見た景色です。遠くの塔は昨日行ったコイトタワー。
ロンバード通りとグリニッチ通りが真っ直ぐ続いているのがよく分かります。

【ハイド通り】
くねくね坂道の上はハイド通りと交差している。ケーブルカーの線路が海に向かって続いています。

【駐車状態】
近くに車を止めましたが、坂道の駐車はなかなか難しそうです。それに、いつもの調子でドアを開けたらいきなり全開してしまいました。隣の車との間にスペースがあったからよいものの、下手をするとドアをぶつける所でした。

【ツインピークス】
 サンフランシスコ観光の締めくくりは昨夜登ったツインピークスとしました。
ゴフ通りを南下し、マーケット通りに出てからは大体昨夜通った道を辿り、
ツインピークスには10時15分頃に着きました。天気も良く、大勢の人が大パノラマを楽しんでいました。

【サンフランシスコ全景】
ツインピークスからのサンフランシスコ全景。
中央遠くにダウンタウン。海上は全体的に低い雲(霧)に覆われている。

【ダウンタウン方面をズームアップ】
 中央にトランスアメリカ・ピラミッドが見える
右手の大通りはマーケット通り。右端にベイブリッジも見える。

【ダウンタウンをズームアップ】
 トランスアメリカ・ピラミッドやシティホールが認められます。

【ゴールデンゲート橋は霧の下】
遙かなゴールデンゲート橋は霧の中で、僅かに赤い塔の上部だけが見えています。

【ベイブリッジ】
サンフランシスコ・オークランドベイブリッジも霞んでいます。
10時半頃、大展望を満喫してツインピークスを下り、またまたフィッシャーマンズワーフに向かう。

セグウェイ ツアー
再び、いや三度フィッシャーマンズワーフに来る。ふと前方を見ると写真のように車に乗った人たちが行列して走っている。これはセグウェイと云う電動二輪車で、先頭のガイドさんが引率して観光するツアーのようです。見ていてなかなか楽しそうで、思わず微笑んでしまいました。

【クラムチャウダー】
フィッシャーマンズワーフに来た目的はこのクラムチャウダーです。サワードというちょっと酸っぱいパンにクラムチャウダースープが入っています。時間的に少し早いがこれを昼食としてベンチに座って食べました。おかずはエビとカニミソを混ぜたシーフードです。

ゴールデンゲート橋
フィッシャーマンズワーフから見たゴールデンゲート橋。と云っても見えるのは相変わらず赤い塔の上の部分だけです。
昼食のあとジェファーソン通りの店を見て歩き、いろいろとお土産を買い込みました。

ヨセミテへ
思い出深いサンフランシスコともいよいよお別れです。
サンフランシスコの道は碁盤の目になっており、それぞれの通りに固有名詞がつけられていて非常に分かりやすいが、直進できなかったり左折できないところが多々あり、そのたびに迂回や大回りを余儀なくされ、その結果効率の悪い動きしかできなかった。しかしそれもあとになってみれば個人旅行の面白さとして記憶に残ることだろう。
12時半頃I-80に乗り、ベイブリッジを渡ってヨセミテに向かいました。さあ、これから4時間のドライブです。


HOMEBACKTOPNEXT