9月18日(金)
出  国


          
9月の連休を利用して長男がいるロサンジェルスへ行く計画を立てた。同行する家内は4年前に次男、長女と3人で行ったことがあるが、私はグループツアーではない初めての海外個人旅行となる。現地のホテルの予約は長男に頼んで、こちらで用意したのは航空券と国際運転免許証、それに今年から必要となったESTAの申請手続きだった。航空券は8月になってネットで格安航空券を調べて、関空を18日出発し、帰りはロサンジェルスを26日に出る仁川経由の大韓航空便を予約した。
出発当日は2年前のイタリア行の時の慌ただしさを繰り返さないように家を昼前に出て、JRで出発の3時間前の午後2時に関空に着いた。大韓航空のカウンターはまだ開いていなかったのでその間に携帯電話や両替をし、3時前にカウンターへ行って搭乗手続きを済ませた。遅い昼食をとってからセキュリティチェックを通って出国審査を受け、免税店を覗いてから搭乗口に行く。
と言う具合に、今回の出国は余裕のある行動が出来た。KE726便は定刻の午後5時10分に関空を飛び立ち、アメリカとは逆方向の仁川に向かった。
   
【KE726便】
出発の1時間ほど前に搭乗口に着く。乗客は多く満席のようだった。
乗り込みながら、関空は国際空港と言いながらロサンジェルス直行便も無いに等しく、外国の空港で乗り継ぎしなければアメリカにも行けないなんて、まったく情けない話だと思うのだった。

【機内で出た軽食】
関空から仁川までは2時間弱の飛行だった。乗客には日本人も多く、スチュワーデスも片言の日本語は話していた。途中で軽食が出た。

【仁川に到着】
予定より少し早く、7時前に到着。乗り継ぎのためのセキュリティチェックを受けに行く。
【仁川空港内】
セキュリティチェックを済ませてからロサンジェルス行きの搭乗口へ行く。まわりには免税店や飲食店、土産物屋などのほか休憩施設などが並んでおり、関空とは比較にならない規模の大きさだった。
待つほどもなく8時発のロサンジェルス行きKE011便に乗り込み始めたが、その前にまた持ち物検査があった。何故2度もチェックがあるのだろうか。家内は搭乗口付近で買ったばかりのペットボトルを没収されて憤慨していた。

【ロサンジェルスに到着】
飛行機は満席で、私と家内の席も離ればなれだった。機内では2度食事が出た。あまり寝られないうちに予定よりも1時間ほど早くロサンジェルスに到着。不安だった入国審査や税関も何とか通過して待合室で長男が来るのを待つ。

【空港からホテルに向かう】
1時間ほど待ってようやく長男がやってきた。約8ヶ月ぶりだったが何とか元気でやっているようだった。もう午後の4時半(ただし18日)近くだったので早速車に乗ってホテルに向かう。
【市内の高速道路】
ロサンジェルスはどこへ行くにも車の街で、高速道路が網の目のように張り巡らされている。
しかも片側5車線という具合に、日本とは規模が違っている。
それでも朝夕のラッシュ時の渋滞はひどいようで、このときもこのしばらく後で渋滞に巻き込まれてしまった。

【Residence Inn Marroitt】
長男がルームメイトに頼んで予約してくれたホテル。ビバリーヒルズの近くにある。

【ホテルの部屋】
部屋には大きな冷蔵庫やキッチンの設備もあり、自炊が出来るようになっている。長期滞在にも向いているようだ。
一休みしてから夕食に出掛ける。

【グローヴ】
向かったところは大型ショッピングモールのグローヴに隣接するファーマーズマーケット。
駐車場からグローヴの中心の広場を見る。

【広場の噴水】
グローヴの広場の中心にある噴水です。

【グローヴのメインストリート】
路面電車も走っています。ここは6年ほど前に出来た新しいモールだが、
街の造りや電車は少し古い時代の雰囲気がする。

【ファーマーズマーケット】
隣接するグローヴが出来る以前からある庶民的なマーケット。新鮮な果物や、地中海地方を始めとしたいろいろな食べ物の店が並んでいる。ここで少し遅い食事をしたあと、グローヴ内の店をもの珍しそうに見て回ってから帰途に着いた。

【スーパーの中で】
ホテルへ帰る途中スーパーに寄って、これから使う水や細々した買い物をした。ホテルに戻ったのは午後の10時頃。
かくして長かった9月18日は終わりました。



HOMEBACKTOPNEXT